■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴


■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴
"賃貸を探す時にコンビニや本屋で賃貸情報誌をまずチェックされる人も多いかと思います。
ここで気を付けなければいけないのが、そのような情報誌に掲載されている賃貸はすでに埋まってしまっている可能性が高いということです。フランチャイズ不動産屋では別の会社から紹介する物件の情報を入手しているので、良い条件のものはあまり回ってきません。
物件の情報伝達が遅いことから、すでに契約されてしまっている物件を紹介してしまうケースもあるワケです。

フランチャイズ不動産屋は大家さんと直接やり取りをしている物件はほとんどありません。
いわゆる流通物件と呼ばれている物件が多く、白黒で印刷されたフォーマットも定められていない書類を利用して物件探しをしていきます。

フランチャイズ不動産屋は大家さんを直接知らない事がほとんどとなっています。
「友人同士はNG」「子供はNG]などの条件を見落としてしまい、大家さんの審査で落とされてしまうケースが多くあるのでご注意ください。"



■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴ブログ:17年07月09日

文明が発達したおかげで、
あたしたち人間は、
どうしても8時食を食べざるをえなくなった。

そのために一日3食になってしまい、
その結果、ご飯の量が増えて、
それがご飯過剰になり、内臓は疲労しきって、
病気を発症してしまう…

人間の体は元々は一日1食であり、
文明が始まると共に一日2食になった。

発達した文明を維持するために
一日3食にすれば、
脳に栄養が送り届けられるが、
内臓が疲労しきってしまうのである。

母としては
息子がたくさん食べ物を食べてくれれば
健康に育ってくれると思ってしまいがちだが、
現実はそうではない。

一日3食で大食いしていたら、
確実に病気になるし、バカになってしまう。

我が子を健康にしたいのなら、
一日2食半に抑え、
一日の内、1食だけ多目に出せばいい。

平日は夕食を多目に出し、
休日は午後食を多目に出せば、
息子は内臓を疲労することなく健康に育ち、
高い知能を発揮できるようになる。

母にしても
一日3回もご飯を作っていたら、
疲れ切ってしまう…

母自身が疲れ切っているために
料理がワンパターンになり、
挙句の果てはお惣菜を買ってきたり、
レトルト食品や冷凍食品やインスタント食品で
済ましてしまうようになる。

そのようなご飯をしていれば、
息子の健康に悪影響が出て来るのは必至。

それに一日3食だと
食費だって高くつき、家計を圧迫してくる。

食費を多く出して
家族が健康になってくれれば、
その出費は有効であろうが、
出費が多いのに家庭内で病人が続出では
その出費は削減した方がいいのである。

家計が苦しいという前に、
一日3食のご飯パターンを改めるべきだと思う。


■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴

■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴

★メニュー

■お役立ちメニュー:賃貸では敷金について理解しておく必要がある
■お役立ちメニュー:家賃の一ヶ月分が相場の礼金
■お役立ちメニュー:賃貸契約は一般的に二年間で更新
■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産
■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴
■お役立ちメニュー:思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
■お役立ちメニュー:家賃の上限は決めていますか?
■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック
■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)グッドな賃貸ガイダンス